アカシックレコードリーディングセッション・リモートビューイングやヒーリング、ヨガ等の各種ワークショップ 笑いと遊びを通してイルカのような遊び心を今この瞬間に


ホーム >> チベット曼荼羅

曼荼羅(マンダラ)とは私たちの心、本質、世界観を象徴しています。
1枚のマンダラの中に古代の叡智から伝わって来た私たちを知るためのヒントが詰まっています。

この度縁があり、仏陀の末裔であるシャカ族のサキア氏からチベット僧侶が描く曼荼羅をご紹介することになりました。
一枚一枚、岩絵の具や純金を使って描いた曼荼羅で、1枚描くのに半年以上掛かります。
代々引き継がれるチベット出身のラマの曼荼羅画家によって丁寧に描かれています。
一見見ると、これはプリントじゃないかと思ってしまうほど、細かく描かれています。
一般的には密教系の寺院に奉納されるほどの価値がある曼荼羅をご堪能ください。

サキヤ氏からのメッセージ
曼荼羅(マンダラ)は「調和と共生の世界観」を視覚的に表したものです。欲すればほとんど何でも手に入る便利な時代になりました。その一方で、私たちは本来持っていた宇宙的感覚や自然との一体感を失い、心の平安を得ることがとても難しくなっています。マンダラはなぜ、こんなにも「心」に響くのか…。きっと理性では理解できない、自然の声や宇宙からの信号を、私たちの「心」に語りかけてくれるからではないでしょうか。
ネパールはマンダラ文化と技法がしっかり受け継がれている国です。私はネパール人で、釈迦の末裔・シャカ族のサキア(シャカ)といいます。このたび、ご縁があって選りすぐりの作品をネパールから持ってきました。
サキヤ氏(右)
 

サキヤ氏が紹介するマンダラの特長は
◇ 修業を積んだマンダラ画家が、4ヶ月から半年以上の時間をかけ、全て手作業で描きました。
◇ その中でも、仕上がりに優れ、芸術的観点からも美しく最上級のものを選びました。
◇ 直接ネパールの画家から預かってきているため、大変お求めやすい価格でご提供できます。
◇ ご希望の曼荼羅をご予約という形でマンダラ画家に依頼して制作することもできます。
◇ 全て布(コットン)に描かれています。またマンダラの種類によりますが、裏にはマントラが書かれています(一部例外もございます)。