夢を使って現実化させる3つのポイント

~夢と繋がる現実の世界~

shamanism

夢を意識的に活用することで、この世界にあなたの「夢」を現実化させることが可能になってきます。

夢を見ている時、私たちの体は緩んでいます。起きているときは、この世界を認識することに一生懸命になっているので、どちらかと言えば、緊張している状態になっています。個人差はありますが、この緊張を緩ませてあげることで夢はより意識的に見ることができるようになってきます。

夢を見ている時、私たちは肉体という制限のある領域から、様々な意識レベルに拡大しています。創造の源、パラレルワールド、転生、タイムスリップ、芸術の世界、音の世界、マジカルな世界・・・・様々な風景や景色の中を私たちは旅をしています。その時の記憶を朝起きたときの体の知性が理解しているのが夢です。体の知性が意識が旅をしている世界の「エネルギー」に追いつくことができれば、意味・理解になります。しかし、意識の領域が言語が無かったり、ストーリーが無い領域を体験している記憶は、なかなか体の知性では理解ができません。体が辞書だとすれば、誤訳が起こる状態です。

この世界で実現したい「夢」を、寝ている時の「夢」を使って現実化させるポイントは、体を深く緩めてリラックスさせることから始まります。これができなければ、夢は完全に歪んでしまいます。誤訳が今の体のストレスや葛藤をベースにした内容に摩り替わります。

夢を使って現実化させる3つのポイント

1.寝る前に深いリラックスをし、意図を明確にします。この世界で具現化・現実化させたい夢やビジョンを意図し、そのために今何を行う必要があるのか?というような質問をしっかりと明確にして、自分に問います。「問い」が無ければ、答えはやってきません。謎をあえて想うことがポイントです。

2.ここが大切なポイントになりますが、あまり意識が拡大した状態になると、この世界では翻訳がうまくいきません。なので、もし気持ち的に余裕や距離間の感覚が掴めれば、今の世界と繋がっている意識の領域まで意識を拡大するというように想います。あまり拡大した状態だと支離滅裂な解釈になってしまうか誤解が増えてしまうので、あえて今の時空と繋がっている領域、もしくは今の時空の中のみを夢の中で体験するように意図をしておきます。そうすることで、明晰な夢になりやすく、現実的にズバリの正夢を見る可能性が高まります。

3.朝起きたら、見た夢を思い出してチェックをしておきます。ズバリな夢を見たら、それを体を使って表現します。また、具体的なプロセスは分からなくても、結果的にそうなっているという夢だったら、その感覚を信じて日々を意識的に生きます。自然と現実が夢で見たような展開になっていきます。

寝ている時の「夢」と現実化させたい「夢」は同じ字が使われています。これはリンクしている証。夢をただ見るのではなくて、意識的に活用することで今の人生を望み通りの映画のようにしていくことが可能性が高まっていきます。

とにかくリラックスと意図が大切です。

コース・クラス

LINEで情報配信中

ワールドブルーのLINEアカウントでは、トミーによる「ワクワクする人生をゲットするためのワンポイントトレーニング」動画を限定配信+オリジナルマンダラをお送りしております。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時にも、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。是非お友達になりませんか?ラインからもお問合わせや質問などお気軽に

友だち追加数