様々な不安や心配をワクワクにする秘訣

~~

shamanism人間であれば、日常で不安や心配というものを味わうのが当然です。しかし、それに圧倒されてしまったり、無駄に参加してしまうことはもったいない。なぜならば、そこには人生を自分らしく歩むためのアイデアが潜んでいるからです。

不安や心配を感じているのはあなたの本質ではない

不安や心配を感じているのはあなたの本質ではありません。私たちの本質は決して傷つくことができませんし、不安や心配なんて概念を持っていません。

不安や心配を味わうのは、私たちの体です。本能的な体の衝動は安全に生きていきたいというものです。なので、新しい事や出来事に出会うと、怖くなって尻込みしてしまったり、今までいろいろあっても生きてこれたという安心感や習慣で、同じような苦しみや不安を味わおうとする癖があります。

その反対に、私たちの本質はワクワクとしていて、どんな事が起こっても、それをチャレンジとして体験したいと感じています。そのチャレンジの体験は、「表現」という行動に掛かっています。

つまり、不安や心配がきているという事は、本質のあなたが何か表現をしたいという想いが同時に来ているということになります。ずっと心の奥にしまい込んでいた創造力のエッセンスがそろそろ顔を出して、表現したいと訴えている証です。

不安や心配という蓋の下には、ワクワクが潜んでいるんです。

人生でもっとも後悔することの第3位

前回のブログでも紹介したCollective Evolutionという情報サイトの記事です。看護師が死を目の前にした患者さんが語る人生の後悔トップ5。

その第3位は

「もっと自分の気持ちを表現する勇気を持ちたかった」

という事でした。(出典:「THE TOP 5 REGRETS OF THE DYING」http://www.collective-evolution.com/2013/04/27/the-top-5-regrets-of-the-dying/)

本当にやりたいこと、本当に伝えたいこと、それを正直に表現することが、不安や心配の裏側に潜んでいます。

不安や心配をワクワクにする秘訣

不安や心配をワクワクに変換する方法の秘訣。それは、

「私の体があえて不安や心配を感じるようにさせていた。」と想うことです。不安や心配という概念を体が感じるようにわざとそうさせて体験していたんだと想うことです。これは外的な要因で不安や心配が生まれたのではなくて、自らの意思でそうしていたんだという事です。これは心理的にもパワフルな方法で、自らそうしていたので、自分の力で不安を止める事ができるようになります。

さらに、自らの表現を行動していくことも大切。創造力を使う活動や行動、体を意識的に動かすことを日常の中で行っていくことで、徐々に不安がワクワクへと変換されていきます。

不安や心配の裏にはワクワクが待っています。不安や心配に飲み込まれてしまうことは、自らの表現という宝物を見ないようにするようなものです。必ず、不安や心配の裏には本質のエッセンスが隠れています。不安や心配に参加せず、ワクワクを現実化していきましょう。

LINEで情報配信中

QRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージ、オリジナルマンダラなどをお伝えしています。

友だち追加数